歯周病

一般の方が思われている歯が失われる原因ナンバー1は「虫歯」だと思います。
しかし、実際はそうではありません。実は、ナンバー1は「歯周病」です。

事実、30代の80%以上は歯槽膿漏(歯周病)を患っており、日本人が歯を失う原因としては、虫歯よりも歯槽膿漏(歯周病)で歯を失う方のほうが多いのです。

歯槽膿漏(歯周病)は歯を支えている顎の骨が溶けてしまう怖い病気です。基本的には、一度、溶けてしまった骨は再生しません。さらに、歯槽膿漏(歯周病)にかかってしまうと、自分では気づかないうちに、強烈な口臭を周囲にまき散らします。

こうした状況を少しでも改善するために、患者様に歯槽膿漏(歯周病)に関する正しい知識を持ってもらう必要があります。

歯肉炎とは?

歯肉(歯ぐき)のみに炎症が起きているもので、歯周病の初期段階です。
健康な歯肉はうすいピンク色で引き締まっています。
歯肉炎になると歯肉が赤く腫れ、歯磨き時に出血したりします。原因は歯垢です。歯垢の中には細菌(歯周病菌)がたくさんいて、その細菌が有害物質を出し、歯肉炎が起こります。

歯周病とは?

歯肉炎が進行したものです。歯を支えている骨が吸収され、歯がグラグラしてきます。最終的には歯を支えきれなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。歯を抜いてしまうと、もう自分の歯は二度と生えてきません。

毎日の歯磨きで歯周病は予防できる?

多くの患者さんから幾度となく、「毎日、歯磨きをしているのに、どうして歯槽膿漏(歯周病)になってしまったのですか?」ということを聞かれます。その答えの一つが歯周病(歯槽膿漏)が人から人へ移る感染症であるということです。
感染症である以上、物理的な清掃(歯磨き)だけで感染予防をすることはできません。

さらに、歯周病菌はバイオフィルムと呼ばれる強力なバリアで守られていますので、歯磨きだけでは、そのバリアを除去することが非常に困難です。

さらにさらに、歯の表面に長期間付着していた歯垢が、唾液中のカルシウムを吸着することによって歯石になります。
歯石そのものは何も悪さをしないのですが、歯石が歯肉の溝(歯と歯肉の間には溝があり、歯肉の炎症が進行するほど溝が深くなります)にも付くことで、歯肉に対する刺激(歯肉の溝を押し広げようとする刺激)を与えます。また歯石には歯垢が極めて付着しやすく、新たに歯石に付着した歯垢の中にいる細菌(歯周病菌)の働きにより、歯肉の炎症をさらに進行させていくことになります。
歯石は歯磨きでは取り除くことが出来ません。

つまり、いくら歯磨きを毎日しっかりしたとしても歯周病予防には限界があると言うことです。ではどうすればいいのか?

その答えは、定期的に歯科医院で歯垢・歯石・バイオフィルムを除去してもらうことです。
歯科医院では専門の器具を用いることにより、これらを徹底的に除去することができます。

米国で次のような報告があります。
歯周病治療を終了した患者さんを10年間にわたって追跡調査したところ、治療終了後に定期的に歯科医院にて歯垢・歯石・バイオフィルムを除去することを続けた人は、そうでない人と比べて歯を失う本数は4分の1であったことが分りました。

3カ月~6カ月に1度の定期検診を受信されることをお勧めします。
詳しくは予防歯科を参照下さい。

とにかく早目の来院が重要!

歯槽膿漏(歯周病)の恐ろしいところは、サイレントキラー(静かな殺し屋)と呼ばれるガンや脳卒中と同様に、痛みが伴わないため、あなたが気付かないうちに病気が進行してしまい、気付いたときにはもう手遅れになってしまっているということです。

歯周病(歯槽膿漏)にかかった患者さんは、「グラつきだした歯を治したい」「以前と同じように物が噛めるようになりたい」という希望を持って、歯科医院に来院されます。

しかし、多くの場合、「グラついた歯を抜きます」と診断されてしまいます。
歯科医院で行われる抜歯のうち、約8割が歯周病(歯槽膿漏)によるものだという報告もあります。

歯周病(歯槽膿漏)は末期になると、決定的な治療法や特効薬がありません。
歯科医師としても、歯周病(歯槽膿漏)の初期段階での治療は自信がありますが、末期では延命がせいぜい、というのが本音です。

しかし、早目の来院によって、その後の状況が大きく変わってきます。
ですので、下記のセルフチェックに該当する箇所が1つでもありましたら歯科医院への来院をお勧めします。

歯周病セルフチェック

下記のような症状が一つでもありましたら、すぐに歯科医院に来院してください。

歯周病セルフチェック

当院で行っている歯周病(歯槽膿漏)治療

当院では、歯周病(歯槽膿漏)に関する専門的な治療を行っています。これにより、他の医院で「残せない」と言われていた歯を残せる場合があります。

当院が扱う治療方法は、「エムドゲインゲル」を用いた歯周組織再生を行なう歯周外科手術です。軽度の歯周病であれば、当院が行なっている予防プログラムを受けることで直すことができます。しかし、重度の歯周病になってしまうと予防プログラムでの治療では対処できなくなり、歯周外科手術が必要となります。手術といいましても、1日で終了し、時間も1時間程度で終わるものです。入院の必要もなく、しばらく休んでいただいた後に帰宅できます。以下、手術の流れを示していきます。

①歯ぐきを開きます。
②歯ぐきの中に隠れていた部分を清掃します。
③エムドゲインゲルを塗布します。
④歯ぐきを縫合し、終了となります。抜糸は手術日から2~6週間後に行ないます。

手術後の注意点

手術直後において注意していただきたい点は、手術部分を指や手で触らないこと、手術部分を歯ブラシやデンタルフロスで磨かないことです。また、手術後の感染を防ぐため、術後3~6週間は消毒薬で口の中をよく洗浄するようにしてください。

手術後の定期検査

歯周病菌により破壊された歯周組織が回復するまでには、個人差はありますが数ヶ月~1年程度かかります。また回復の程度も個人差があります。
このように期間・程度には個人個人にばらつきがありますので、手術後のスケジュールの詳細も患者様により異なってきます。ですので、担当医の指示に従い、必ず定期的な検査を受けるように御願い致します。

また、治療が終了した後も、お口の衛生状態によっては歯周病が再発する恐れがありますので、定期的に予防歯科治療を受けることをお勧めいたします。

歯周病Q&A

Q
歯周病は全身疾患の原因になるという話を聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?
A

本当です。
関連性が報告されているものは、糖尿病、心筋梗塞、肺炎、早産、低体重児出産、動脈硬化などがあげられます。

歯周病は、歯を失う病気というだけではなく、全身疾患にも関連してくる恐ろしい病気という認識が大切です。

特に歯周病と関連が深い病気が糖尿病です。糖尿病の人は感染に対する抵抗力が弱まっているため歯周病にかかりやすく、重症化しやすいと言われています。さらに、歯周病菌は毒素や炎症性物質を大量に放出するのですが、これがインスリンの効きを悪くさせ、糖尿病を悪化させることも危険視されています。
つまり、糖尿病があると歯周病になりやすく、歯周病があると糖尿病が悪化しやすいという関係性が存在するのです。

また最近では妊娠中の歯周病の悪化は、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼする事がわかってきています。
低体重児を出産した母親と、正常体重児を出産した母親の歯周病の進行程度を比較した調査では、低体重児を出産した母親の方が歯周病が進行していたという結果があります。また、妊娠中の歯周病をそのままにしておくと、早産が増えることも指摘されています。
妊娠中でも歯周病の治療は可能ですので、4~8カ月の安定期に治療を受けることをお勧めします。

Q
喫煙が歯周病を悪化させるというのは本当ですか?
A

本当です。
歯周病とタバコ。一見すると何の関係もなさそうですが、喫煙者(タバコを吸う人)は非喫煙者(タバコを吸わない人)よりも歯周病にかかりやすく、重症化しやすい傾向にあります。
また、喫煙者は歯周病の治療をおこなっても非喫煙者に比べ、効果は25~50%落ちるとされています。更に予後が悪く、歯周病により歯を失う確率も高くなっています。

これらの原因は煙草に含まれる有害物質に起因しています。

―ニコチンによる血流阻害―
タバコに含まれているニコチンは、歯肉の血流を悪くします。そのため、歯肉に酸素や栄養が行き渡らず、抵抗力が弱まり、歯周病を進行させます。

-一酸化炭素による酸素供給阻害―
タバコによって発生する一酸化酸素によって、歯肉に酸素や栄養が行き渡らず、抵抗力が弱まり、歯周病を進行させます。

―ニコチンや一酸化炭素による歯肉の硬化―
ニコチンや一酸化炭素によって、歯肉が硬くゴツゴツしてくるために、歯周病が進行しても自覚症状を感じず、気付いた時にはもう手遅れということがよくあります。

―白血球の活動を抑制―
白血球は歯周病菌と戦い、退治する役目を持っているのですが、タバコは白血球の機能を低下させる作用があります。その結果、歯周病菌に対する歯肉の防御機能が低下して、歯周病が悪化しやすくなります。

―新しい組織を作る細胞の増殖を抑制―
タバコは歯周病の回復に必要な細胞の増殖を妨げる働きがあります。
歯周病治療をしたとしても喫煙習慣を続けていれば改善は望めません。

―唾液の減少―
唾液はタバコに含まれる有害物質を中和したり、歯周病菌の増殖を抑える働きがあります。タバコによって唾液が減少すると歯周病が悪化しやすくなります。

Q
高齢になるにつれて歯周病になりやすくなるの?
A

確かにその傾向はあります。
やはり、加齢とともに体の機能は衰えてきますので、それに伴い若い時に比べ歯周病になりやすく進行しやすいと言えます。しかし、お口のケアを心がけることにより歯周病リスクを低く抑えることは可能です。