入れ歯

「痛い、噛めない、はずれる・・・」など、入れ歯でお悩みの方は1000万人以上いると言われています。「入れ歯である以上、この苦しみは我慢するしかない」このように思っていませんか?まだ諦めないでください!「ピッタリ」とお口にフィットする入れ歯であれば入れ歯の悩みは解消されます!まずは、あなたのお悩みを聞かせ下さい!何度でも相談させて頂きます。

ピッタリと合った入れ歯は、歯科技工士の腕次第!!

一般の方にはあまり知られていない事実があります。
実は、入れ歯は歯科医師が単独で作るものではありません。
歯科技工所にいる歯科技工士と呼ばれる方々が、歯科医師から患者様の歯型の提供を受け、それに基づき入れ歯を作っていきます。

つまり、入れ歯は、歯科医師と歯科技工士との合作であり、特に歯科医師が提携している歯科技工所の技術力次第で、入れ歯の良し悪しが決まってしまうと言っても過言ではありません。

当院では「㈱代々木デンタルクラフト」という技工所さんと提携しています。
ピッタリとフィットする入れ歯に定評があり、毎回、作って頂いた入れ歯の素晴らしさには感嘆させられています。当然、患者様からの評判もよく、安心して任せられる自慢の技工所さんです。

作業風景
作業風景

今回はホームページのリニューアルにあたり、㈱代々木デンタルクラフトの土屋代表にインタビューをしてきました。

― 御社の「理念」をお聞かせ下さい。

代々木デンタルクラフトでは、「すべては患者さんのために」という理念を掲げています。ありふれた言葉であり、ある意味うさんくさく感じられるかも知れません。
しかし、この理念を愚直に追及しているのが代々木デンタルクラフトです。

―具体的にはどのようなことを患者さんのためにされているのですか?

入れ歯で悩んでいる方にとっての「良い入れ歯」とは、「落ちない、痛くない、噛める」入れ歯です。しかし、多くの歯科医院にとっての「良い入れ歯」とは、上記のような患者様が求める良い入れ歯と、必ずしも一致しているとは言い切れない悲しい現状があります。
一致しているのならば、多くの人が入れ歯で悩んでいるという事実は存在しないはずです。

当社は、常に患者さん目線、つまり患者様にとっての「良い入れ歯」を愚直に追及しています。この考えに共鳴して頂けない歯科医院とは、申し訳ありませんがお付き合いをお断りしています。
この態度は経営者としては失格かもしれません(笑)
しかし患者様に喜んで頂くことがやはり一番うれしいですし、たった1度の人生、自分が掲げた理念を貫き通すことが私の矜持でもあります。

―御社が考える「良い入れ歯」とはどのようなものですか?

先ほど述べましたように、「落ちない、痛くない、噛める」といった患者様目線の入れ歯です。また、入れ歯は「噛み合わせ」が大切で当社が特に力を入れている部分でもあります。

このようなお話を聞いたことはありませんか?

・寝たきりのご老人が、ピッタリ合った入れ歯を作ったことで歩けるようになった。
・食べ物をしっかり噛むことが出来ればボケ防止になる

これは「しっかり噛める(噛み合わせが適切)」ことの大切さを物語っています。
噛むと言う行為は「ポンプ」と同じです。
噛むという行為により、良い血が脳に上がっていき、悪い血が下がるという血液の循環が生じます。
この血液の好循環により体のバランスが正常に機能することになり、身体機能の回復やボケ防止になると言われています。

―良い入れ歯を作ってくれる歯科医院を見つけるにはどうしたらいいでしょうか?

口コミが一番だと思います。
しかし、「周りに良い口コミがない場合はどうするの?」となった場合、まずは「保険」で入れ歯を作ってみることをお勧めします。その理由を説明する前に次を少し読んでみてください。

デパ地下はご存知ですよね。
そこでは、買う前に試食が出来る。
いくら「おいしいよ、おいしいよ」と言われても、食べてみなければ分からない。また、人によって味覚も違ってきますので尚更です。

食べ物以外のメガネ、アクセサリー、服なども買う前に試着ができます。

しかし、入れ歯の世界では試食や試着の概念がありません。
私はこの世界でも試着・試食のようなものがあってしかるべきだと考えています。

試食・試着と異なり、残念ながら無料で入れ歯を提供することは出来ませんが、まず費用のかからない「保険」の入れ歯を試してみる。それに満足して頂けたら、機能性に優れた「自費」の入れ歯にステップアップしてみる。

なぜこのようなステップを踏むかと言いますと、「保険」の入れ歯を作ってみれば 歯科医院・技工所の「腕」がわかるからです。
腕が良ければ「自費」の入れ歯も安心してお願いすることができます。

―最後に読者に一言をお願いします。

歳を重ねるにつれ様々な「欲」がなくなり、最後に残る欲は「食欲」だと思います。
「贅沢な食事をとりたい」という欲ではなく、「家族と同じ食事をとりたい」という欲です。

この食欲というささやかな楽しみをこれからも続けて頂くため、是非ともお手伝いさせて欲しい!
これが、入れ歯で悩んでこられた方々に一番伝えたい当社のメッセージです。

全ての症例に対応可能な万能選手―入れ歯

歯を失った場合の選択肢としましては、インプラント、ブリッジ、入れ歯治療があります。
インプラントに関しての詳細は、インプラントをご覧ください。

最近ではインプラント治療の人気が高くなってきていますが、インプラントも万能なわけではなく、手術への不安を抱いている方やアゴの骨の状態・持病を持っている方の場合には、インプラント治療が適応しない場合があります。

その点、入れ歯であれば、すべての症例に適応するという特長があります。

入れ歯を諦めていませんか?

入れ歯はすべての症例に適応できるという特長がある反面、入れ歯で困っている人は、1000万人以上と言われ、「痛い・噛めない・はずれる」が入れ歯の三拍子と言われてきました。

合わない入れ歯を使用していると、アゴの骨は急速に減っていきます。
アゴの骨が減ると、余計に入れ歯が合わなくなり、さらに急速に骨が減っていくという悪循環に陥っていきます。
こうした合わない入れ歯を使用されている方の多くは、

“入れ歯は噛めないもの”
“歯を失ってしまった以上、仕方のないこと”

など、入れ歯でおいしく食事をとることを諦めてしまっています。

これは非常にもったいないことです。
歯科医療は日進月歩の世界です。
技術の進歩、歯科医師・歯科技工所の努力によりピッタリと合う入れ歯を作ることも可能になっています。

ぴったりと合う入れ歯であれば、快適でおいしく食事をとることもできるのです。 合う入れ歯と、合わない入れ歯の違いは何なのかという正しい知識を患者さん自身が知ることが、自分にピッタリと合った入れ歯に出会う第一歩となります。

最先端の入れ歯治療はここまで進んでいる!

快適な入れ歯には、以下の条件が求められます。

軽い材料でつくる

保険の材料で作る入れ歯は重いため、噛むという動作に負担を与えます。
一方、保険外の入れ歯で使用する材料には、保険の材料の約1/4の重さのものを使用します。

薄い材料でつくる

口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。このため、保険外の入れ歯で使用する材料の場合、保険のものに比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。

食べ物の温もりを感じられる材料でつくる

入れ歯を入れると、温かい・冷たいといった食べ物の温もりが感じられません。
食べ物の温もりは味覚に大きな影響を与えます。このため、保険外の入れ歯では温もりを感じられる材料(専門的に表現すると、熱伝導率の高いもの)を使用します。

当院では、「ミラクルデンチャ-」と呼ばれる入れ歯を扱っております。
ミラクルデンチャ-は軽くて小さく、入れ歯とは思えないフィット感があり、24時間入れたままにしても苦痛がなく気持ちよく装着できます。
そして何よりも特徴的な部分として、上顎は口蓋(大きな床の部分)が抜けており、本来の食べものの味わいを取り戻すことが出来ることです。

食べ物の温もりを感じられる材料でつくる

入れ歯をひっかける針金は、見た目にも悪く心理的な悪影響を及ぼす場合があります。
保険外の入れ歯では、この針金を見えないようにする仕組みがあります。

当医院では、「スマイルデンチャ-」と呼ばれる審美性に優れた入れ歯を提供しています。スマイルデンチャーとは、金属製のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯のこと、このバネをなくすことで周囲から入れ歯だと気付かれにくく、「笑顔に自信が持てる」という理由でスマイルと名付けられています。実際に使用している患者様からも、大変好評な入れ歯です。

自分のアゴの高さにあったミリ単位での調整を行う

合う入れ歯を作るために一番重要なのは、手間をかけた調整です。
保険外の入れ歯の場合には、ミリ単位に及ぶ緻密な調整を行うことで、自分にぴったりと合った入れ歯をつくることが可能です。

ピッタリと合った入れ歯は「アンチエイジング」の効果があります!

入れ歯を入れたら急に「老け顔」になってしまったという話しを良く聞くと思います。
これは「合わない入れ歯」に全ての原因があります。

歯は顔の輪郭を形作っている重要な要素です。
歯の代わりとなる入れ歯が大きかったり、小さかったりすると顔の輪郭が変わってしまいます。この輪郭の変化が顔のシワ・タルミの原因となり、老け顔を助長する元凶でとなります。

つまり、自分にピッタリ合う入れ歯は「痛くない、しっかり噛める」といった機能的な面の回復だけでなく、シワ・タルミが生じないといった審美的な面までも回復してくれます

両親へ“ピッタリと合った入れ歯”を贈ってみませんか?

合わない入れ歯は、ボケまでの一里塚といわれています。
合う入れ歯で物をしっかり噛むことで「ぼけ防止」 に大きな効果があるのです

これは、顎を動かすことにより脳の中を流れる血液の量が大幅に増加し、脳細胞を活性化させるためです。
これはある統計でも証明されており、アルツハイマーになってしまう方には、歯が少ない人が多いようです。

身近な例えとしまして、眠気が襲ってきた時、眠気覚ましに「ガム」を噛むことがあります。これはハッカによる刺激の効果もあると思いますが、ガムを噛む行為自体が脳に新鮮な血液を送りこむので、脳が活性化し、眠気覚ましにも効果があるのです。

このようなことから最近では、両親へのプレゼントとして、お子さんが来院され、「親のために、よく合った入れ歯を作ってあげたい」というご要望もあります。もし、ご両親が入れ歯で悩んでいるのであれば、お気軽にご相談ください。

料金表

料金表はこちら

入れ歯Q&A

Q
入れ歯は定期的なチェックを歯科医院で行わなければいけないと聞いたのですが、どうしてですか?
A

入れ歯を使用していると、あごの骨や歯ぐきがしだいにやせてきます。つまり、徐々 にお口の中の形が変わってきてしまうので、当然、入れ歯がお口に合わなくなってきます。そうなると、入れ歯がお口の中で「ガチャガチャ」してきますので、痛みや噛む力に影響を与えます。ですので、定期的に入れ歯・お口の中を歯科医院でチェック  し早めに変化の兆候をつかんで、対処することが必要となります。

Q
入れ歯のメンテナンスはどのように行えばいいの?
A

入れ歯は清潔に保つことが第一! 入れ歯には食べ物のカスやプラークが付着しやすく、放置すると周りの健康な歯に悪影響が出てしまいます。常に清潔な状態に保つために、1日1回は必ず取り外して洗浄することを忘れないでください。

≪ブラッシング≫
入れ歯用ブラシを使用して丁寧に優しくブラッシングしてください。頑固な汚れがある場合は、汚れの部分だけに歯磨き粉などを使用しましょう。

≪歯石除去≫
入れ歯にも歯石が付いてしまうことがあるため、気付いたら歯科医院で除去してもらいましょう。

≪洗浄剤使用≫
細かな部分の汚れをとるために、定期的に入れ歯洗浄剤を使用してください。

≪保管≫
入れ歯を乾燥させると変形の原因となるため、就寝時などは水を入れたコップに入れておきましょう。