つまようじ法セミナー

2011年 6月 12日(日)つまようじ法セミナーに参加しました。

”つまようじ法”と聞いて、あのリンゴやナシなどに刺して使う爪楊枝を思い浮かべた方も多いと思いますが、
実はその爪楊枝を使った方法ではありません。
みなさんこんにちは、院長の大亀です。私はこの方法を数年前、歯科雑誌のセミナー広告で見かけたので
すが、やはり爪楊枝(テゥースピック)を使った方法だと思い込んでいました。「セミナーなんかやるような内
容あるのかな?」などと思い特に興味は持ちませんでした。その後、忘れていましたが、あるセミナーで歯
肉炎や歯槽膿漏の治療・予防に効果が高いと紹介され、「あの時の方法だ!」と思い出した次第です。こ
の方法、岡山大学歯学部の先生方が開発したため、これまでは、関東方面でのセミナー開催は、ほとんど
目にしたことがありませんでした。今回、日本歯科医師会雑誌に東京でセミナー開催の告知があり、当院、
歯科衛生士と共に申込みました。

つまようじ法セミナー

実際には専用の歯ブラシを使い、これまでは歯ブラシの毛先が入らない!と、思っていた歯と歯の間に見事
に毛先が入っていき、歯ブラシ後の何とも気持ち良いこと・・・驚きました。歯と歯の間は、デンタルフロス(糸
ようじ)や歯間ブラシを使って磨いていた所で、虫歯が出来やすかったり、歯周病の原因となる歯石が付きや
すい場所です。
いくつもの用具を使い分けて口腔ケアするのは、患者さんの負担を思うと、指導している私たちも心苦しく思っ
ていましたので、歯ブラシ一本で短期間に効果が表れるこの方法は大変楽しみです。

つまようじ法セミナー

私はセミナー講師の黒瀬先生に歯ブラシして頂きました。
歯ブラシして頂いている間は大変気持ち良かったのですが
その結果は・・・・・大量の出血!?
決して普段いい加減に歯ブラシしている訳でもないのに・・・・・

dscn0205_400-300x225 dscn0183_400-300x225

最初つまようじ法と聞いて、いったいどういう方法か?と興味がありました。
あと写真でみたビジュアルにも驚きました。
今日のセミナーで実際にブラッシングしていただき、実感としてわかることができてよかったです。
想像したよりも痛みもなく本当に心地いいというのが素直な感想です。
そしてセミナーの症例でも提示されたように痛みもなく、歯ブラシしただけですぐに効果がみられることは患者
さんにとって何より大きいことだと思いました。導入に関しても、TBIと違い教えるのではなく歯ブラシをしてあ
げるというのは、患者さんも抵抗感もなく受け入れることができるのではないかと思いました。

実際に今日、私もかなりの出血でお恥ずかしい限りでしたが、インストラクターのブラッシングは気持ちいい
のに出血とはいったいどうなっているのか?もらった歯ブラシで早く試してみたくなりました。きっと患者さん
も同じだと思います。
染め出しをしてあれこれ指摘して何種類もの歯ブラシで磨いてもらうより、来てもらい私たちが適切な歯ブラシ
をして気持ちよく帰って頂き、その効果を実感して、また来院してもらうというサイクルは、とても理想的だと思
いました。

今クリニックでは先生と歴代の衛生士さんの方々の努力でリコール率はとても高い方だと思います。
さらにこの方法を加えていくことは難しくないと思います。
ただ実際に自分で全顎やるのにかなり時間とブラシの角度の難しさを感じたので、インストラクターの衛生士
さんも言っていたように、まずは自分の口腔内で試してコツをつかむ必要があるので、実際にやってみて変化
の様子をしばらく追っていきたいと思いました。

このような話を聞けることができて大変良かったです。

6月12日(日)に都内で、黒瀬真由美先生、小畑文也先生による『つまようじ法』のセミナーに参加して来
ました。朝10時~夕方4時過ぎまで、お昼を挟んで行われたセミナーでしたが、実習を含みとても内容の
濃い、楽しい勉強会で、あっという間の6時間でした。

この『つまようじ法』実は、30年前からあり、20年以上に渡り臨床で使われ歴史のあるブラッシング方法
なのです。
つまようじ法とは、つまようじのように歯ブラシの毛先を歯と歯の間に出し入れする事により、普段、患者様
自身が行うことの出来ない歯間部分の歯肉マッサージと歯垢の除去を自宅でも行う事のできる方法で、歯
周病予防・治療や歯の喪失予防に効果があることが明らかになっています。

実際に、歯周病による歯の動揺の改善、口臭の改善、ブラッシングによるマッサージで歯肉を元気に保つ
と言うデータが出ています。つまようじ法の歯ブラシヘッドは通常より長い2列のブラシで、独特な形をしてい
るのですが、このブラシ1本で短時間で口の中をキレイに磨く事が出来ます。いつも皆さんが行っている、
横磨き+フロスよりもつまようじ法でのブラッシングが臨床的にも有効だそうです。

現在、本院では院長はじめ、衛生士、スタッフ共につまようじ法実践中です。患者様数名にも行わせて頂き
『気持ち良かった』との声を頂きました。確かに今までのブラッシングと違う爽快感とマッサージされた後の気
持ち良さが残ります。横磨きと違い、はじめは手慣れないと思いますが、ブラシ1本で歯周病の予防と治療
が出来るのはとても画期的ですよね。

歯を失う原因の第一位は歯周病、そして日本人の30歳以上の8割の方は歯周病です。その内、殆どの方
が歯周病に気付かず、急性症状を発してから来院されます。
日本で歯科医院は、痛い場所であり、怖い場所であるイメージが強いです。
この先、全く痛みのない治療が歯周病治療から無くなるわけではありませんが、この方法を導入し、なるべ
く痛みの少ない、そして恐怖心を抱かない、予防歯科医院を作りに取り組んで行けたらいいなと思います。

皆さん、ぜひ一度、つまようじ法を体験しにクリニックにいらっしゃってください!!