『考える』がテーマの講演があり、聴講してきました。

11/23(水)に東京医科歯科大学で『考える』がテーマの講演があり、聴講してきました。

午前中のテーマは『考える歯周治療』で、講師は歯科医師;鷹岡竜一先生と歯科衛生士;品田和美先生のお二人でした。

臨床データをもとに会場に質問を投げ掛けながらの講義で、会場の空気は真剣そのもので、活気にあふれていました。

品田先生は、歯周病治療をするにあたり、すぐに歯石をとりSRPをすすめるのではなく、

患者さんの病態を知り、明確な治療方針を検討した上で、歯周病の治療計画をたてていくことが重要とおっしゃっていました。

鷹岡先生は、得た情報が患者さん、ドクター、衛生士に正確に伝わっていること、共有出来ていることの重要性と、骨吸収の形状と骨欠損の状態,歯肉のタイプから治癒可能か不可能なのかをしっかり審査、診断が出来る事の重要性を説明してくださいました。

午後のテーマは『考えるインプラント治療』で、講師は歯科医師;井上孝先生と歯科衛生士;安生朝子先生お二人でした。

安生先生はインプラントのメンテナンス方法について口腔内写真と臨床データを用い詳しく説明してくださいました。

SPTをする中で出血の状態、プラークの付着状態など少しの変化も見逃さないような目と技術を持つ事が、インプラント慢性歯周疾患を予防することに繋がると述べられた。

それには、インプラントの構造を理解した上での正確な検査、診断が出来ることが重要だとおっしゃっていました。

井上孝先生は、インプラントは開放創であり、細菌が入りやすい状態にあることをしっかり理解した上でメンテナンスをすすめるべきだと述べられ、病理、解剖学的に詳しく説明してくださいました。

四人の先生のお話を聞き、今後、臨床をする中でドクターの指示に従うだけでなく、

自分自身で考える事のできる能力を身につけることがいかに重要かを理解することが出来ました。

そういった知識を得るためにも、新しい分野や技術に関する学習を継続していかなければならないと強く思いました。

111123_160201-300x168